人気ブログランキング |

トドの野鳥日記

murantodo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:蝶( 59 )


2019年 08月 30日

お山のミドリシジミ2019

山小屋近くのカメラ散歩で見かけるミドリシジミ(種の特定は不勉強でギブアップ)、今シーズンは旅行などの所用で撮影のタイミングが遅れ満足いくものは撮れませんでしたが記録まで。
a0204089_20375672.jpg
a0204089_20381010.jpg
a0204089_20382094.jpg
a0204089_20383871.jpg


by murantodo | 2019-08-30 06:05 | | Comments(0)
2019年 08月 28日

湿原のヤナギラン(鳥さんたちは不発)

少し前になりますがヤナギランとノビタキの組み合わせを期待して近くの湿原に行ってみました。今シーズンは鳥さんたちは全くの不発、アサギマダラだけはあちこちでよく見かけます。
a0204089_665640.jpg

a0204089_672714.jpg
a0204089_673948.jpg


by murantodo | 2019-08-28 06:13 | | Comments(0)
2019年 08月 24日

お山のタテハチョウたち(エルタテハ/シータテハほか)

同じく山小屋の散歩コースで見かけたタテハチョウ(エルタテハ/シータテハ/アカタテハ/コムラサキ)たちです。例年ルリタテハをよく見かけますが今シーズンはまだ見ていません。
1週間後にルリタテハを見かけましたので、同時期に同場所で見かけたタテハチョウの主役たち(エルタテハ/キベリタテハ/クジャクチョウ)と併せて追加です(3枚目)。
a0204089_2037330.jpg
a0204089_20372048.jpg

a0204089_17254110.jpg


by murantodo | 2019-08-24 06:08 | | Comments(0)
2019年 08月 22日

お山のタテハチョウたち(キベリタテハ)

この時期のタテハチョウの中でクジャクチョウと双璧をなすのはシックな装いのキベリタテハです。先週の後半から山小屋の散歩コースでよく見かけるようになりました。
a0204089_18103799.jpg

a0204089_18105010.jpg
a0204089_1811679.jpg
a0204089_18111828.jpg


by murantodo | 2019-08-22 06:04 | | Comments(0)
2019年 08月 20日

お山のタテハチョウたち(クジャクチョウ)

お盆前後の10日間の山小屋滞在中、鳥さんたちにはあまり会うことができませんでした。その代わり、カメラ散歩コースではタテハチョウ科の蝶たちをよく見かけますが、その代表格は派手目のクジャクチョウ(ハンゴンソウ、ヒヨドリバナで吸蜜する1~3枚目は近くの高原、4枚目は散歩コースにて)。
a0204089_21512142.jpg
a0204089_21512964.jpg
a0204089_21513955.jpg
a0204089_21515325.jpg


by murantodo | 2019-08-20 06:05 | | Comments(0)
2019年 06月 05日

安曇野のオオルリシジミたち

5月末に山小屋から少し足を延ばして安曇野へ再び出かけるも狙いの蝶は空振り、来年の課題としましょう。帰りにオオルリシジミ(絶滅危惧種)の保護活動を行っている公園で、ムラサキツメクサ、食草のクララなどに留まる多くの個体を見かけました。
a0204089_21203856.jpg

a0204089_21204593.jpg
a0204089_2120534.jpg
a0204089_2121299.jpg


by murantodo | 2019-06-05 06:06 | | Comments(0)
2019年 06月 03日

春の妖精・蝶たち(山麓のツマキチョウ)

ウスバシロチョウに続いて山麓のツマキチョウたちです。例年はウスバシロチョウとほぼ同時期の発生で撮り易さから割を食っていましたが、今シーズンはツマキチョウが1週間程度先行したため、比較的集中して撮ることができました(2枚目がウスバシロチョウの食草のムラサキケマン)。
a0204089_2040465.jpg
a0204089_2040541.jpg
a0204089_2041110.jpg
a0204089_2041977.jpg


by murantodo | 2019-06-03 06:05 | | Comments(0)
2019年 06月 01日

春の妖精・蝶たち(山麓のウスバシロチョウ)

春の妖精(スプリング・エフェメラル)とはカタクリなどに代表されるように春先のみに地上に出現し花を咲かせる植物を指しますが、同じく、春先のみにその美しい姿を現す蝶たちも対象にすることがあります。ギフチョウ、ヒメギフチョウがその代表格ですが、ウスバシロチョウ、ツマキチョウなどもその仲間です。今年は春先の寒波のためか、例年より1,2週間遅れで山麓のコンロンソウで吸蜜するウスバシロチョウたちを見かけました。
a0204089_2363838.jpg
a0204089_2364638.jpg
a0204089_2365250.jpg
a0204089_237187.jpg


by murantodo | 2019-06-01 06:06 | | Comments(0)
2019年 05月 20日

ヒメギフチョウとギフチョウの混棲

連休が明けた1週間後、新たな蝶を探して山小屋から安曇野に出向きましたが狙いの蝶は時期尚早の様子、しかたなく前回(2019/5/10)の場所を再訪し、ヒメギフチョウ(1枚目)、ギフチョウ(2枚目)を同時に見かけました(この辺りはヒメギフチョウとギフチョウの混棲地区として知られています)。
a0204089_5585135.jpg

a0204089_559543.jpg


by murantodo | 2019-05-20 06:08 | | Comments(0)
2019年 05月 10日

連休中のロケハン(カタクリとヒメギフチョウ)

山小屋から少し足を延ばして安曇野のカタクリ群生地に初めて行ってみました。開花と羽化のタイミングはうまくマッチしているようですがなかなか思い描くシーンには遭遇しません。何ヵ所目かで数チャンス、カタクリに留まってくれましたが、翅をきれいに開いてくれず、来シーズンに期待です(1枚目はまあまあ?)。
a0204089_654620.jpg

a0204089_60311.jpg
a0204089_601583.jpg


by murantodo | 2019-05-10 06:10 | | Comments(0)