トドの野鳥日記

murantodo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:旅行・音楽( 43 )


2018年 07月 07日

調布国際音楽祭2018(モーツァルトの劇場支配人ほか)

昨年(2017/6/21記事)に引き続き、今年も地元の調布国際音楽祭に行ってきました。演目はモーツアルトの《バスティアンとバスティエンヌ》と《劇場支配人》。鈴木優人さん指揮のバッハ・コレギウム・ジャパンに加えて、声楽陣はジョアン・ラン(ソプラノ)、森谷真理(ソプラノ)、中江早希(ソプラノ)、櫻田亮(テノール)、加耒 徹(バス)の皆さん。櫻田さんは昨年のバッハの《コーヒーカンタータ》、ヘンデルの《メサイア》以来、森谷さんは昨年の《ばらの騎士》(2017/7/30記事)の元帥夫人以来で、澤村翔子さん演ずるオクタビアン、山口清子さん演ずるゾフィーの感動もの女性陣三重唱を思い出しました。
a0204089_21532452.jpg


by murantodo | 2018-07-07 06:03 | 旅行・音楽 | Comments(0)
2018年 04月 27日

金沢・輪島旅行

先週末ですが関西在住の友人夫妻と金沢・輪島に行ってきました。なにか記念にと輪島の漆器を一客持ち帰りましたが(右下写真)、最終日に始まった「美の力」展示会、県立美術館で加賀藩由来の掛け軸、茶器などに加えて、3代藩主前田利常が長男の1周忌に狩野探幽に書かせた「笛吹き地蔵」などの名品を見ることができました。
a0204089_20102395.jpg


by murantodo | 2018-04-27 06:02 | 旅行・音楽 | Comments(0)
2018年 01月 16日

雪の後立山連峰と松本城

鹿島槍ヶ岳の双耳峰(中央)があまりにも優美だったので思わずパチリ(1枚目、2枚目;右は五竜岳、左は爺ヶ岳、さらに北に目を転ずると3枚目の白馬三山)。厳冬期以外はいずれも登ったことがありますが、爺ヶ岳から手前に延びる尾根を見て鹿島集落から這い登った4月の爺ヶ岳東尾根の記憶を思い出しました(おまけは新春の松本城)。40年以上前の話で今ではとても登れません。
a0204089_612012.jpg
a0204089_614834.jpg
a0204089_62362.jpg
a0204089_621182.jpg


by murantodo | 2018-01-16 06:08 | 旅行・音楽 | Comments(0)
2017年 12月 20日

大賀ホールでヘンデルのメサイア

地元のバッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)の公開リハーサル、先日はメサイアでしたが不都合、思い立って翌日の大賀ホールの本番に行くことにしました。管弦楽・合唱はBCJ(指揮/チェンバロは鈴木雅明)、ソプラノは森麻季、カウンターテナーはテリー・ウェイ、テノールは櫻田亮、バスはドミニク・ヴェルナーの皆さん。テノールとバスのお二人は調布音楽祭のバッハのコーヒーカンタータで小林沙羅さんとの共演が印象深く(2017/6/21記事)、森麻季さんはDVD/CDではよく見聞きしていますが生は初めて(背も高くかっこよかった)!
a0204089_6184181.jpg


by murantodo | 2017-12-20 06:26 | 旅行・音楽 | Comments(0)
2017年 11月 15日

欧州旅行(3)(パリオペラ座とモンサンミッシェル)

今回の旅行シリーズもこれで終わりです。特典航空券の関係で往路はパリ経由とし当地でもオペラと思いましたが、ガルニエ宮、オペラ・バスティーユともタイミングが合わず断念、代わりにこれが最後のチャンスとモンサンミッシェルに行きました(一枚目は車中からのガルニエ宮とホテル近くのルーブル美術館夜景、2枚目はモンサンミッシェル夜景とカモメの幼鳥?、夜景は携帯カメラが良く撮れますね)。
a0204089_6391842.jpg
a0204089_6392845.jpg


by murantodo | 2017-11-15 06:45 | 旅行・音楽 | Comments(0)
2017年 11月 13日

欧州旅行(2)(郊外の風景とヨーロッパコマドリたち)

長男一家はロンドン北部のノーザンライン沿線(中心部から30分程度の自然豊かな住宅地)に在住、散歩途中でヨーロッパコマドリやクロウタドリなどを見かけました(散歩カメラで不出来ですが)。ヨーロッパコマドリは英国で馴染み深い野鳥(国鳥)で、童謡マザー・グースの一篇(「Who killed Cock Robin?」)や多くの絵画の背景などに登場しています。
a0204089_7222278.jpg

a0204089_7223117.jpg


by murantodo | 2017-11-13 07:32 | 旅行・音楽 | Comments(0)
2017年 11月 11日

欧州旅行(1)(ロンドンでオペラを)

英国赴任した長男一家(特に孫娘)に会うことを口実にフランス・イギリスに行ってきました。ついでだからオペラを見たいと演目を調べましたが、ENO(English National Opera)なら「ヘンデルのロデリンダ」が可能な日程。ROH(ロイヤルオペラハウス)よりは気楽と言われていますが立派な建物。近くには昨年亡くなった指揮者ネヴィル・マリナーで有名なSt. Martin-in-the-Fields教会(1980年に一度来たことあり)、もちろんROHもあります。彼らがいる間にROHとグラインドボーン音楽祭に行きたいと思っていますがどうなるでしょう。
a0204089_6503894.jpg

a0204089_6504728.jpg
a0204089_6505847.jpg


by murantodo | 2017-11-11 07:05 | 旅行・音楽 | Comments(0)
2017年 07月 30日

東京二期会オペラ「ばらの騎士」(グラインドボーン音楽祭との提携公演)

知人が出演することもあり、リヒャルト・シュトラウスの「ばらの騎士」を見てきました(指揮:セバスティアン・ヴァイグレ、読売日本交響楽団、演出:リチャード・ジョーンズ)。皆さん大健闘、特に第三幕の元帥夫人(森谷真理さん)、オクタビアン(澤村翔子さん)、ゾフィー(山口清子さん)の女性陣 三重唱に感動(写真は会場の公演パネルをスポットライトを避けて斜めから撮ったもの)。
a0204089_5332238.jpg


by murantodo | 2017-07-30 05:54 | 旅行・音楽 | Comments(0)
2017年 06月 21日

調布国際音楽祭2017(バッハのコーヒーカンタータBWV211)

発足5年目の音楽祭、コーヒーカンタータで父親と軽妙な掛け合いを演じた小林沙羅さん(ソプラノ)が魅力的でした。その他、3台のチェンバロ(鈴木優人(音楽祭プロデューサ・指揮)、フランチェスコ・コルティ、大塚直哉の三氏)のための協奏曲などが演目。
帰宅後、小林さん(スザ女:スザンナ)出演の野田秀樹演出・井上道義指揮「フィガロの結婚 ~庭師は見た!~」の録画を見直し、演出の斬新さに加えて皆さんの熱演に改めて感動した次第。
a0204089_535457.jpg


by murantodo | 2017-06-21 05:58 | 旅行・音楽 | Comments(0)
2017年 04月 11日

メキシコ世界遺産を訪ねて(マヤ文化:チチェン・イツァ)

トルテカ文明後のアステカ文明はスペインにより破壊され今回は人類学博物館でその断片を見るのみ、その後、マヤ文明を訪ねてユカタン半島に移動しました。トルテカ文明の影響を受けた新チチェン・イツァ遺跡として、ククルカンの神殿と戦士の神殿(一枚目)、ワシとジャガーの台座と大球戯場(二枚目)、時代はさかのぼり旧チチェン・イツァ遺跡として天文台と尼僧院(三枚目)です(四枚目はおまけ)。
a0204089_5104814.jpg

a0204089_51059100.jpg
a0204089_511101.jpg
a0204089_5111877.jpg


by murantodo | 2017-04-11 05:15 | 旅行・音楽 | Comments(0)